むしろなぜ、ぼくらはコピーに罪悪感を覚えるようになったか?


それは学校教育にあるような気がする。

学校ではひたすら「自分で考える力」を養おうとする。

テストのときみんなで協力してはいけない。

それはカンニングだ。

自分の力だけで解かなくてはいけない。

社会に出てひとりぼっちになって自分の力だけで生きていけなかったらどうするんだ?

もっと競争しろ。

報われるのは上位だけだ。

他人を頼る子にはなるな。

ケータイで検索するだあ?

いざというとき電池が切れたり圏外だったらどうすんだ!!*1



ところが!

実際に東大に入るような人は先人のパクリがうまい。

自分で考えるよりも素直にうまい人の真似ばかりをする。

有名な塾に行っては最適な受験テクニックを真似、

一番記憶に残る勉強方法を真似、

使える物は友達でも親でも使い、(それ以上に報いもする)

それで自分は楽にメンタルを保てるようなライフスタイルを真似、

東大に入るだけなら最低限の勉強しかしなかったりする。

ヘタすれば本当に自分では何も考えてないかもしれない。